開催した講座の様子

平成29年度 9月 >> 記事詳細

2017/10/01

D03 小・中学校特別活動研修講座

| by 義務教育課
 9月25日(月)、9月26日(火)の2日間、34名の先生方が参加し特別活動の研修が行われました。

 1日目は「自主的・実践的な態度を育てる学級活動の指導の工夫」についての講義の後、東北町立甲地小学校 松嶋 幸湖 先生と、むつ市立川内中学校 大舘 拓也 先生による実践発表が行われました。2人の先生方からは、これまで試行錯誤されながら取り組んでこられた貴重な経験を受講者の先生方にお話ししていただきました。協議では、日頃受講者の先生方が特別活動の指導で課題と感じられていることを出し合い、その解決方法について皆さんで考えました。小中の先生方が特別活動の指導について意見交換するよい機会となりました。


 2日目は國學院大學の杉田洋教授による講義が行われました。理論だけでなく、資料や映像を使って豊富な実践を紹介していただきました。感動的な話も多く、涙を流しながら聞いておられる受講者もいらっしゃいました。演習では、特別活動の指導案作りに取り組みました。2日間の講義、発表、協議を受けての指導案作成ということで、それまで学んだ内容を思い出し、実践につなげるための重要な時間となっていました。


【受講者の感想】
・学級活動で目指すべき姿や様々な手法を再確認することができた。教科ではないが全学年に共通したものであり、積み重ねが非常に大切であるので、取り組み方をよりよい方向に変えていきたいと感じた。「自分もよく、みんなもよい」このキーワードは子供にそのまま柱として伝えていきたい。
・杉田教授が言っていたように、子供達が幸せに過ごせる学級・学校づくりをしていくために、今日学んだことを、他の先生方にも伝えていきたい。主体的・対話的な活動を取り入れた授業を通して、自分も他も大切にできる子供を育てていきたい。
09:12