開催した講座の様子

平成28年度 4月 5月 >> 記事詳細

2016/06/13

B04教務主任研修講座(前期)

| by 高校教育課


5月23日(月)に新任教務主任の先生を対象に、教務主任として求められる職務について協議等を行うことにより、自校の学校課題の解決に向けた取組を支援するための研修が行われました。
●午前は「教務主任に期待する」の講義と校種に分かれて「教務主任1年目に考えたこと・学んだこと」の発表・協議を行いました。
●午後は、小、中、高の分科会では「教務主任の職務遂行上の問題点とその対策」の協議、特別支援学校分科会では「教務主任のためのカリキュラムマネジメント」の講義・演習を行いました。
【講座の様子】

  
【受講者からの感想】
・県の方針や施策をきちんと踏まえた上で、教育課程の編成にあたることが大切だということを学んだ。
・『子どもにとってどうか』という視点はこういう仕事をしていると薄れてしまいそうだが、やはり一番大切な視点だと感じた。
・教育施策は変化したり新しいものが出されたりするが、根本となるものは変わっていないということが印象に残った。これから出てくるものに対しても根本は何かという視点で見ていけるようにしたい。
・経験豊富な方の発表だったので、攻めの教務の姿を具体的に説明していただき、イメージが掴みやすかった。
・経験に基づいた実務上必要な知識を得ることができて参考になった。
・教務主任1年目の先生方が悩んだり考えたりしていることは、誰もが同じ事を感じていることを知り安心した。また、それを改善した方法が大変参考になった。
・発表者の経験談をもとに教務主任としての心構えについて勉強させてもらった。
・経験が浅く、問題点が思いつかなかった。今まで、いかに学校全体を意識して見る目が足りなかったかを思い知らされた。
・教務主任としての視点について、先生方との協議の中から何か見えてきたような気がした。同じ規模の学校の先生方と情報交換できたこともとても参考になった。
・他の学校の先生方が悩んでいることを聞くことができてよかった。すべてについて具体的な改善策は出てこないが、ヒントは得ることができた。


11:12