開催した講座の様子

平成29年度 6月 >> 記事詳細

2017/07/02

C16C17数学的活動の楽しさを実感する授業づくり講座(前期)

| by 義務教育課
6月30日(金)に数学的活動の楽しさを実感する授業づくり講座(前期)が行われました。
〇講義・演習「数学的活動の楽しさを実感する授業改善の視点」
     (講師)文教大学教育学部 教授 永田 潤一郎 氏
〇発表「数学的活動を取り入れた授業実践」
     (発表者)田舎館村立田舎館中学校 教諭  角田 弘樹 先生
〇協議・助言
     (助言者)文教大学教育学部 教授 永田 潤一郎 氏


【受講者の感想】
・講義を拝聴しながら、これからの社会の在り方に沿って、子どもたちに求めるものも変わっていくこと、今の自分の授業が、気をつけているものの教師主導になりがちだということを改めて感じた。子どもが「解きたい!」「考えたい!」と思ってくれるような、数学が苦手な生徒でも「それなら少しわかる」と思ってくれるような授業を展開するための仕組みづくりを大切にしたいと思った。
・数学的活動の在り方について、視点をはっきりと示しながら、細かく詳しく説明していただいた。「何をどのように学ぶのか」に対して「どのように教えるか」を明らかにし、深い学びが実現できるようにしたいと、講義を聴き、改めて感じた。特に授業をつくるための5つの視点がとても参考になった。
・提案発表は、3つの移動が含まれている工夫された課題提示からはじまり、班活動やまとめの仕方など大変参考になることが多かった。また、協議をすることによって、授業について考えたり意見交換をしたりして、さらに深めることができた。有意義な研修会でした。
・講義の後の発表・協議だったので、どのような視点で授業をみればいいのか、明確になった。特に思ったことは、授業の目標、めあての設定がいかに大切かということを感じることができた。角田先生の授業では様々な工夫がされていたので、私も今後活かしていきたいと思った。
11:24