開催した講座の様子

平成27年度 6月 >> 記事詳細

2015/06/27

D03 学力向上につながる総合的な学習の時間研修講座

| by 義務教育課

6月25日(木)~26日(金)の2日間、学力向上につながる総合的な学習の時間研修講座が行われました。本講座のテーマ『学力向上につながる総合的な学習の時間のために…キャリア教育の視点に立って、自校の総合をリフォームしよう』のもと、「探究・協同のクリアなイメージ」「リメイク」「アクション」という総合的な学習の時間で大切なキーワードを強調するような構成で講座を展開し、明日からのアクションの見通しをもった上で、文部科学省初等中等教育局 視学官 田村 学 氏から助言をいただき、講座を終了しました。
【講座の内容】
○1日目
午前講義「キャリア教育の視点から見つめ直す総合的な学習の時間」
午後講義「地域の学校化、学校の地域化~探究的・協同的な総合的な学習の時間」
   演習「探究のクリアなイメージ~単元のリメイク」
   協議「協同のクリアなイメージ~自校の総合的な学習の時間の課題解決」
○2日目
午前講義「学力向上につながる総合的な学習の時間」
   講師 文部科学省初等中等教育局 視学官 田村 学 氏
午後演習「単元のイメージとデザイン~自校の総合的な学習の時間リフォームに向けて」     
   協議「アクション~自校の総合的な学習の時間リフォームに向けて」  
  

【受講者の感想】
・「目からうろこ」の2日間でした。先が見えず悩んでいた総合ですが、それは手立てを知らないだけで、今回はたくさんのツールを知ることができました。
・一日目にリメイクした単元が、子どもの実態を見取り、将来の姿、めざす姿を見通すことで、ずいぶんと変わってくることに驚きました。また、そのことで、単元名もより具体的に精選されていきました。
・「アクションをおこす、おこさないは、先生方の考え方だが、アクションがおこらなければ、困るのは子どもたちである」という田村先生の言葉が印象に残りました。アクションをおこさなければならない立場にあるので、3人仲間をつくってチームでがんばりたい。

12:21