日誌

6月
123
2018/07/11

C05 主体的・対話的で深い学びを実現する高等学校国語科授業づくり講座

| by 高校教育課
6月14日(木)、15日(金)標記講座を開催しました。講師に横浜国立大学名誉教授の髙木展郎先生をお招きし、1日目はこれからの国語の授業に求められる方向性とその在り方について、主体的・対話的で深い学びの視点でご講義いただきました。2日目は高校・特支12名の先生方で、国語科のグランドデザイン作りに挑戦しました。
08:33
2018/07/10

C18 問題解決の力を育む小学校理科実験講座

| by 義務教育課
6月21日(木)、22日(金)の2日間、標記講座を開催しました。小学校理科の問題解決の力を育む指導法について、講義や観察、実験の研修を行いました。

 
 
12:40
2018/07/09

C32 「デザインする心」を学ぶ芸術系教科実践講座

| by 高校教育課
6月26日(火)標記講座を開催しました。
東京藝術大学大学院美術研究科 講師 鈴木 ヒラク 氏をお迎えし、
「書くこと」「描くこと」について探求し、デザインする心について学びました。
演習ではフロッタージュのワークショップを行い、受講者全員が作品を完成し、互いに鑑賞することによって新たな芸術の可能性を探りました。

14:17
2018/07/06

C50 高等学校英語科言語活動実践講座

| by 高校教育課
 6月18日(月)~19日(火)の2日間、標記講座が開講されました。1日目は、文教大学教授 阿野 幸一 氏をお招きして、生徒が既存の知識の中から必要な情報を引き出すプロセスや、「生徒に書かせる活動」から「生徒が書きたくなる活動」を豊富な事例とともに説明していただきました。2日目は、グループに分かれてライティング活動と評価ルーブリックを作成しました。

【講座の内容】
1日目:講義・演習「中学英語の定着の効果」
    講義・演習「Writing活動の充実」
2日目:講義・演習「Writing活動の実践例と評価」

【講座の様子】


【受講者の感想】
・各校種の英語教育の役割を知り、高校ではどのような立場で指導していくべきかわかった。
・文法指導に偏りがちな英語表現の教科書も、使い方によってはよりコミュニカティブに授業を進められることに気付いた。
・はっきりとした目標と評価ルーブリックを設定して、生徒と共有することの重要性を感じた。
18:42
2018/07/04

D31 ゼロから学ぶ!表計算初級講座[土曜講座]

| by 産業教育課
 6月30日(土) 標記講座を開催しました。小・中・高・特の11名の先生方が受講され、学校でよく使う関数を中心に表計算ソフトの基本機能を広く浅く学びました。
12:45
2018/07/04

C17 小学校理科実験基礎講座[土曜開催]

| by 高校教育課
 6月30日(土)、標記講座が開催されました。エネルギー、粒子、生命、地球の4分野において、安価で簡単な教材・教具を作成・活用しながら、児童・生徒の興味・関心を高める授業・実験方法を学びました。
【講座内容】
 エネルギー分野の観察・実験の指導の工夫
 粒子分野の観察・実験の指導の工夫
 生命分野の観察・実験の指導の工夫
 地球分野の観察・実験の指導の工夫
 
      
10:15
2018/07/03

C14中学校数学科授業づくり講座Ⅰ

| by 義務教育課

6月27日(水)、標記講座を開催しました。
【講座の内容】
講義:「『主体的・対話的で深い学び』の視点による授業づくり」
演習:「『主体的・対話的で深い学び』の視点による指導案の作成」
協議:「作成した指導案を振り返る」

19:33
2018/07/03

D25 ゼロから学ぶ!タブレットPC初心者講座[土曜講座]

| by 産業教育課

630日(土)標記講座を開催しました。はじめてタブレットPC(Windows)に触れる先生方を対象に、文字入力・カメラ・Webなどの標準アプリの使い方から、基本的な環境設定に関する知識と技術について学びました。研修の最後には電子黒板や、授業支援ソフトについても体験しました。



10:43
2018/07/03

C09社会科教材開発講座

| by 高校教育課
 6月28日、29日の2日間、標記講座を開催しました。
 1日目は、弘前大学の小瑶准教授の「身近な素材を活用した授業づくり」についての講義を聞いた後、青森市中央市民センター内の青森空襲展示資料室を見学しました。そこで、青森空襲を記録する会の今村会長から青森空襲について説明していただいたり、体験者の方からのお話を聞いたりし、翌日の教材づくりの情報を収集しました。
 2日目は、「新学習指導要領~主体的・対話的で深い学び~」の講義の後、第二次世界大戦について、青森空襲を素材とした教材づくりを、グループで行いました。
 
 
【受講者の感想】
・同じ教科の先生方と授業をつくる機会は貴重なので、次年度もぜひ受講したい。
・青森空襲という素材を深く掘り下げることができ、とても有意義だった。地域にはまだまだ教材が眠っていると思うので、様々な教材に触れたい。
・青森空襲に関する展示があることを知らなかった。貴重な機会を得ることができた。
・地域素材の重要性・必要性を感じつつも、なかなか良い題材を見つけられずにいた中で、今回のような講座の機会があり、本当に良かったと思う。空襲を用いた授業案もイメージでき、他のテーマについても題材を見つけたいという意欲が出てきた。
07:51
2018/07/02

C13中学校数学科教育講座

| by 義務教育課
6月27日(火)、標記講座を開催しました。
【講座の内容】
講義・演習「子どもの資質・能力を育む授業」 講師:教育課程調査官 水谷尚人先生
発表・協議「「主体的・対話的で深い学び」の視点による授業実践」 発表:十和田市立東中学校 新山裕介先生


16:57
123