日誌

10月
12
2018/11/09

C33 芸術系教科の資質・能力を育む授業づくり講座

| by 高校教育課
10月31日(水)に標記講座を開催いたしました。
芸術系教科が育成すべき資質・能力について考え、その資質・能力を育成するための授業づくりを行いました。

15:59
2018/11/05

D04指導者が変われば選手が変わる!運動部活動研修講座<一部推薦>

| by 高校教育課
 10月24日(木)・25日(金)に、指導者が変われば選手が変わる!運動部活動研修講座を開催しました。小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の先生方26名が受講されました。運動部活動を通じて子どもたちに豊かな学校生活を体験させるために、運動部活動の在り方や心身のトレーニング方法などについて研修しました。

【講義内容】
 〇発表 私の部活動経営(中学校教諭1名、高等学校教諭1名)
 〇講義・演習 競技力向上のメンタルトレーニング
         東海大学 教授 高妻容一 氏

【私の部活動経営の発表の様子】
  
【競技力向上のメンタルトレーニングの講義・演習の様子】
    
  
10:07
2018/11/01

D19重複障害児の指導法研修講座

| by 特別支援教育課
 10月31日(水)、標記研修講座が開催されました。
 「発達支援と教材教具」について、筑波大学附属大塚特別支援学校 副校長 根本文雄先生から実践を踏まえた講義を聴き、その後、演習「発達を促す授業の検討」を行いました。
 初期段階における発達理論を踏まえ、子どもの実態や目指す姿をもとに教材教具を活用した授業づくりについて学ぶことができました。たくさんの教材教具を実際に見て、触れながら、どのような実態の子どもに、どのようなねらいで、どのように活用したのかなどを丁寧に教えていただき、今後の実践のヒントを得る機会となりました。
  
11:45
2018/10/25

D18 通常の学級のユニバーサルデザイン研修講座

| by 特別支援教育課
 10月18日(木)、標記研修講座を開催しました。当日は、こども園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などからあわせて42名の先生方に参加していただきました。
 午前中は、星槎大学大学院の阿部利彦准教授から、授業のユニバーサルデザインの考え方や実践例などについて演習を交えながら講義していただきました。
 午後は、弘前市立北小学校の宇野恵先生から、前任校での取り組みや現在実践していることについてお話ししていただきました。
 最後に講義や発表を踏まえ、受講された先生方のこれまでの実践を振り返るとともに、明日からできそうなことについて思考ツールを使って整理しました。
  
16:29
2018/10/23

B19 臨時講師等研修講座Ⅱ

| by 高校教育課
 10月15日(月)・16日(火)の2日間にわたって、標記講座が開講されました。高等学校5名、特別支援学校15名が受講しました。
 服務規律や教科指導など様々な講義・演習を通して、職務を遂行する上で必要となる基礎的基本的な知識を習得し、県教育者としての使命感を育むとともに、教科の専門性や指導力の向上を図りました。
【講座内容】
 1日目「教職員の服務規律について」
     「学校安全について」
     「教職員としての心構え」
     「生徒理解について」
 2日目「教職員として知っておきたいこと」
             「教科指導について」(高等学校・特別支援学校・臨時養護助教諭)

  
 
08:22
2018/10/21

C01 「考え、議論する道徳」の授業づくり研修講座

| by 義務教育課

10月10日(水)から11日(木)まで、「考え、議論する道徳」の授業づくり研修講座を開催しました。新学習指導要領に基づいた道徳の授業づくりについて、講義や演習を通して理解を深める2日間でした。

 

<1日目>

午後の講義では、宇都宮大学 准教授 和井内良樹 先生を迎え、受講者を対象にした模擬授業を行いました。受講者にとって授業体験をすることは新鮮であり、子供の視点で考えることができました。
     

 

<2日目>

前日の講義を踏まえた授業づくりの演習では、班で行ったことで、「考え、議論」し、「多面的・多角的」な発問を考え、実践へとつながる授業構想ができました。
   

 

午後は、板柳町立板柳東小学校 教諭 渡部由美子先生と佐井村立佐井中学校 教諭 江村健太郎先生による実践発表を行いました。すぐ取り入れて実践したくなるような具体的な事例を挙げた発表内容は、さらに授業づくりへのイメージを広げ、学校全体で取り組む道徳教育のヒントを与えてくれました。

 

【受講者の感想】

・模擬授業の形がとてもよかった。授業を「見る」ことはあっても、「受ける」経験がなかった。話しやすい雰囲気が大事であり、そういう雰囲気は、普段から醸成していかなければならないとも感じた。「泣いた赤おに」の授業はすぐにでも学級でやりたいと思った。

・他の先生方との授業づくりは、参考になる意見がたくさん聞けて有意義であった。多面的な考え方の大切さを身をもって感じた演習であった。児童の発達段階や学習のつながりを意識して、今後の授業に臨みたい。

・校内研が道徳で、「考え、議論する道徳」を意識しながら自分たちなりの提案授業を半年間行ってきたが、この講座を通して授業の組み立て方や発問の吟味について理論的に学ぶことができて大変勉強になった。ぜひ先生方に伝達し、共通理解を図りながら本校なりの道徳の授業を作っていきたい。


14:38
2018/10/18

C39中学校技術・家庭科(家庭分野)研修講座

| by 産業教育課

10月2日(火)に中学校技術・家庭科(家庭分野)研修講座を開催しました。中学校の先生3名と特別支援学校の先生3名が参加し、新学習指導要領の内容に関して講義・演習を行いました。
〔講座の様子〕

10:30
2018/10/18

D32表計算中級講座

| by 産業教育課
 10月17日(水)に標記講座を開催しました。小・中・高・特の15名の先生方が受講され、関数の利用やデータベース機能などExcelを校務で活用するためのスキルアップを目指し、演習を行いました。

【講座の様子】
 
10:16
2018/10/18

C54農業教育指導者講座

| by 産業教育課

 10月11日(木)~12日(金)の二日間、農業教育指導者講座を開催しました。
 一日目は、県立三本木農業高等学校の髙谷正校長と県農林水産部食の安全・安心推進課の一戸辰巳主幹から、農業教育や農業施策について講義をしていただき、今後の教育活動へ活かす内容でした。二日日目は、県産業技術センター加工研究所での講義演習、株式会社川長の視察を行い、食の安全・安心に関する知識と技術を学びました。
【講座の様子】
  
  


09:32
2018/10/17

C46中・高等学校保健体育科研修講座[保健]

| by 高校教育課
 10月5日(金)に、中・高等学校保健体育科研修講座[保健]を開催しました。中学校、高等学校の先生方15名が受講されました。生涯にわたって健康を保持増進する資質・能力を育成するための保健学習の在り方を学ぶとともに、演習・協議をとおした学び合いから授業づくりへの意欲を高めました。
 【講義内容】
 〇講義 中央研修伝達~体育・保健体育指導力向上研修~
 〇演習・協議 資質・能力を育む授業づくり

   
13:02
12