日誌

平成28年度 8月 >> 記事詳細

2016/08/15

C10高等学校地理歴史科公民科教育講座

| by 高校教育課

8月9日~10日の2日間、高等学校地理歴史科公民科教育講座を開催しました。

 1日目は、県立郷土館において、郷土館の伊藤学芸主査による「博物館を活用した地域教材の開発」をテーマにした館内見学や講義、弘前大学教育学部の篠塚准教授の「地域教材を用いた地理歴史科の授業」についての講義が行われました。

 2日目は、午前は北海道教育大学教職大学院の井門教授による「公民科教育の現状と展望について」の講義、午後は、「思考力・判断力・表現力を育成する地理歴史科公民科の授業づくり」についての講
義・演習を行いました。

                     

【受講者の感想】

・初めての県の研修会であったが、座学だけではなく、実際に見たりすることもでき、楽しく2日間を過ごすことができました。また、非常にためになる話ばかり聞くことができたので、学校の中でも広めていきたいです。

・次期学習指導要領改訂に向けての動向など新しい情報も得られて、参考になりました。

・地歴と公民を包括的に学べる部分があり、地歴と公民が合体しての内容でよいと思いました。

・具体的な授業実践例がたくさんあり、今後の授業開発の参考になりました。

・タテの連携(中学校―高校―大学)、ヨコの連携(学校現場―地域)両者を確認できて、大変勉強になりました。


10:38