II  業務の概要

2 研究に関すること

 

    本県学校教育の諸課題について調査研究を行い、その成果を公表及び提供します。
 〇学校への還元を第一とし、教育活動に役立つ実践的・先導的な研究を行います。
 〇学校での活用を進めるため、研究報告書、実践の手引き、指導資料等を作成して学校に提供します。
 〇研究成果や研究過程を、Webページ上へ掲載し、広く県民に理解いただくとともに、全国に向け発進し 
  ます。

  研究では、研究員による個人研究のほか、本県学校教育の課題解決や新学習指導要領実施、各校がめざす「魅力ある学校づくり」を支援するために、全所員が、課の枠を超えて研究にあたるプロジェクト研究を推進します。

2018 プロジェクト研究(平成30年度の成果)

プロジェクト研究 おもな研究内容
 授業力向上  資質・能力を育む授業づくりにおいて、現場ではどんな課題をかか
  えているかを整理し、解決するための方策を数学(中学)と道徳の
  2チームに分かれて研究をしました。
 通常の学級における
 インクルーシブ教育システムの構築
  研修講座や、訪問先の学校でアンケートを行い、通常の学級の先生
  方が、日頃感じている課題や悩みを整理し、その課題や悩みを解決
  するための支援のヒントをまとめました。
 マネジメント  カリキュラム・マネジメントの三つの側面及び村川雅弘教授の理論
  を研究し、その理論を学校現場に応用するための演習内容を作成し
  ました。
 学級・ホームルーム経営  学級開きや日常のホームルーム活動で、活用できるグループアプ
  ローチを資料にまとめました。
 情報教育  授業でのICT活用とプログラミング教育について研究し、学校や
  様々な機関に情報提供・サポートを行いました。


 平成31年度研究成果の発表
    あおもり教育フェスタ2019  ~青森県総合学校教育センター研究発表~
          期日 令和元年11月15日(金)~16日(土)