日誌

平成28年度 8月
12
2016/09/02

C26 主体的な学びを引き出す高等学校理科実験講座[物理]

| by 高校教育課
8/30(火)~31(水)に標記講座が受講者7名で開催されました。
次期学習指導要領の改訂を見据えながら、今後の授業づくりの在り方について深く考えました。
学習指導要領にある『自然の事物・現象に関する観察・実験をとおして』は、
理科の不易となっているところです。
提供した素材について、受講者からも意見をいただきながら、講座は進んでいきました…
  

07:58
2016/08/31

D21 特別支援教育で活用するICT研修講座

| by 特別支援教育課
8月25日(木)、標記研修講座が開催されました。午前中は、学校教育におけるICT活用の現状について確認した後、小学校特別支援学級と、特別支援学校の先生方からの実践発表を行いました。午後は、国立特別支援教育総合研究所総括研究員である金森克浩先生を講師に、「障害の状態に応じたICTの効果的活用」と題して、講義とiPadを使った演習を行いました。
13:53
2016/08/30

D11 グループアプローチを用いた人間関係づくり研修講座

| by 教育相談課
8月16日(火)標記研修講座が行われました。
聖徳大学の鈴木由美教授による講義演習は、翌週から2学期が始まると同時にすぐに使えるエクササイズで、50名を超える受講者は皆さん笑顔で参加されていました。

 
 
<受講者の声>
・演習として実際にやってみることで、子どもの気持ちもイメージできたし、実践してみたい気持ちも持つことができました。二学期からすぐ使える内容が多く、生かしていきたいと思いました。先生のお話を聞くことで、元気になれた気がしました。
・人間関係づくりの手法を受講者が実際に体験することで、自分が子どもの気持ちになって気づいたことがいろいろあり、有意義でした。
・実際にプログラムを体験する演習が多かったので、生徒がどんな気持ちになるのかがわかることができたのでよかったです。実施してみたいプログラムをたくさん紹介してもらったので参考にしたいと思います。
08:50
2016/08/30

C30 気付きの質を高める小学校生活科講座

| by 義務教育課
 8月30日(火)から8月31日(水)の2日間、「気付きの質を高める小学校生活科講座」を開催しました。
 この講座では、「自立への基礎を養う」「気付きの質を高める」「子どもたちの活動の見取り・評価の在り方」をキーワードに、研修をしました。「何でだろう?」「きっと〇〇だからなのかな?」「確かめてみよう・もう1回やってみよう」など、子どもが気付き、活動を始めたとき、既に「気付きの質が高まり」「自立への基礎を養う」方向に歩き出しているのです。こうした「動き」→「考え」→「よりよく動く」の学びのサイクルを生み出すには、教師がどう働きかければよいのか、どうやって評価と関連させればよいのかを研修しました。
 また、子どもの立場で「動くおもちゃづくり」に取り組み、周りの先生方と話し合いながら改良を重ねて教材研究を深め、協働して遊ぶおもちゃが紹介されたり、実際に動物とふれ合いながら動物飼育の留意点や動物愛護センターの体験学習プログラムを体験したりしました。
    

【受講者の声】
・動く→考える→よりよく動くために、教師の言葉がけが大事だと分かりました。「動くおもちゃづくり」では作る楽しみに加え、教えたり教えてもらったりする楽しさを味わいました。子どもたちも同じ経験ができる学習展開ができるような計画を立てたいと思いました。
・子どもが話しかけてきたときに「よかったね」「すごいね」と共感するだけで終わっていたように思います。その先にある大切なことに気付くチャンスを摘んでしまっていたので、子どもの主体性を大切にした活動を心がけ、子どもの言動に敏感になりたいと思いました。
07:37
2016/08/29

C29天体観察研修講座

| by 高校教育課

 8月25日(木)に、講座番号C29天体観察研修講座が開催されました。天体望遠鏡の基本操作について学び、昼の天体観察や、夜の天体観察方法等について学びました。多少雲はありましたfが、土星や火星、夏の代表的な星座を観察することができました。また、天体の指導に関する講義やプラネタリウムでの観察も行いました。
13:00
2016/08/23

A67 10年経験者研修(特別支援学校)共通講座Ⅱ

| by 特別支援教育課
 お盆明けの8月17日~18日の2日間、特別支援学校の10年経験者研修が行われました。この研修の目的は、授業研究の意義についての理解促進と、授業研究への中堅教員としての参画でした。1日目は、東京学芸大学の村山講師から授業研究による授業改善についての講義がありました。2日目は、初任者と合同で授業研究を行いました。10年経験者が発表者の他に、司会者や助言者などの運営の役割を担いました。様々な役割を経験することで運営する立場について考えるよい機会になったようです。
18:31
2016/08/19

評価の疑問解決しよう!高等学校家庭科教育講座

| by 産業教育課
8月18日高等学校家庭科教育講座を開催しました。
今回のテーマは「評価」
評価の疑問を1つでも多く解決すること、それにより授業改善の具体的方策を習得し、授業力向上につなげることを目的に開催しました。
10:00
2016/08/15

C10高等学校地理歴史科公民科教育講座

| by 高校教育課

8月9日~10日の2日間、高等学校地理歴史科公民科教育講座を開催しました。

 1日目は、県立郷土館において、郷土館の伊藤学芸主査による「博物館を活用した地域教材の開発」をテーマにした館内見学や講義、弘前大学教育学部の篠塚准教授の「地域教材を用いた地理歴史科の授業」についての講義が行われました。

 2日目は、午前は北海道教育大学教職大学院の井門教授による「公民科教育の現状と展望について」の講義、午後は、「思考力・判断力・表現力を育成する地理歴史科公民科の授業づくり」についての講
義・演習を行いました。

                     

【受講者の感想】

・初めての県の研修会であったが、座学だけではなく、実際に見たりすることもでき、楽しく2日間を過ごすことができました。また、非常にためになる話ばかり聞くことができたので、学校の中でも広めていきたいです。

・次期学習指導要領改訂に向けての動向など新しい情報も得られて、参考になりました。

・地歴と公民を包括的に学べる部分があり、地歴と公民が合体しての内容でよいと思いました。

・具体的な授業実践例がたくさんあり、今後の授業開発の参考になりました。

・タテの連携(中学校―高校―大学)、ヨコの連携(学校現場―地域)両者を確認できて、大変勉強になりました。


10:38
2016/08/10

C20 観て・感じて・楽しむ 小学校理科実験基礎講座Ⅱ[上北会場]

| by 高校教育課
8月8日(月)、十和田市立南小学校を会場にお借りして、講座番号C20 観て・感じて・楽しむ小学校理科実験基礎講座Ⅱ[上北会場]を実施しました。 理科の4分野について、興味・関心を高め、主体的な学びを引き出すための教材・教具の作成方法や、より学習効果の高い観察・実験の方法等について研修しました。
会場の準備等でさまざまご協力いただきました十和田市立南小学校の先生方、ありがとうございました。

 
 

受講者の感想
物理
・小学校で使えそうな内容だったので、勉強になりました。ブラックボックスは見えないものを予想するという子どもたちの思考力を育てるものだと思いました。
化学
・基本的な内容から、感動的な結晶の表出(?)まで、ずっとひきつけられっぱなしでした。沸騰も冷却も少ない量で短い時間で実験する、じっくりと観察させるというのが本当に大事だということが実感できました。
生物
・光合成のところは、クローバーでやるのは驚きでしたが、とてもよいと思いました。だ液の実験は一人一人ができそうなのでぜひ活用してみたいと思います。グループよりも変化をじっくりとみることができるのでとても良いと思いました。
地学
・小学校理科ではあまり目立たない分野ですが、その楽しさを実感できました。この楽しさを学級の子に伝えていきたいです。
18:47
2016/08/10

C19 観て・感じて・楽しむ小学校理科実験基礎講座Ⅰ[弘前会場]

| by 高校教育課

 8月9日(火)、講座番号C19 観て・感じて・楽しむ小学校理科実験基礎講座Ⅰ[弘前会場]を実施しました。 理科4科目(物理・化学・生物・地学)について、児童の興味・関心を深めつつ主体的に学びを引き出すことを目的として、基本操作なども交えながら、より学習効果が高い観察・実験方法について研修しました。
 
 

受講者の感想
物理
・ブラックボックスや単極モーターなど、授業の導入や学習後に取り入れると、子どもたちは楽しくなると思いました。戴いた材料で早速休み明けに実施したいと思います。

化学
・アルコールランプを使うときは、少量の水で実験すると観察の時間が十分に取れるので、よく観察できていいと思いました。


生物
・だ液を使う実験は、子どもたちが抵抗感をもつので、少しでも抵抗をなくするような工夫を知ることができて良かったです。少しの量、小さい実験器具や材料を使うことで、時間短縮でき、全員で実験できるので、いいと思いました。


地学
・普段何気なく見ている石も、仲間分けしてみることでたくさんの種類があることが分かって、興味をもてるのではないかと思いました。鹿沼土を使って火山灰の代わりにできるので、安価に実験ができてよいと思いました。


16:52
12