日誌

平成28年度 9月
2016/09/23

A28 初任者研修(特別支援学校)教職基礎講座Ⅲ

| by 特別支援教育課

9月15日~16日の2日間で標記講座が開催されました。
今回の研修テーマは「関係機関との連携の在り方」。
障害者福祉施設の見学や関係職員の講義、点字や手話の演習を通して、
障害の理解を深めたり、関係機関との連携の在り方について学んだりしました。
初任者の皆さんも活発に質問し、時間が足りなくなるほどでした。
    



【初任者の感想】
・関係機関との連携を進めるためには、何のために連携するのかを明確にすることが重要だと分かった。
・児童生徒への適切な支援を進めるためには、学校だけ動くのではなく、関係機関との連携が必須であると知った。
・コミュニケーションの取り方は、手話や指文字以外にも多数あることを学んだので、それらを組み合わせてコミュニケーションできるように自分で学習したり、研修会に参加したりして習得したい。
続きを隠す<<

08:37
2016/09/22

C25観て・感じて・つなげる中・高等学校理科野外実習講座

| by 高校教育課

9月15日(木)~16日(金)の2日間にわたり、C25観て・感じて・つなげる中・高等学校理科野外実習講座が開催され、野外における地域素材を教材として活用するための方法について学びました。今年度は、下北地区を中心とし、初日は、尻屋崎周辺の付加体、稲崎海岸の田名部層について、地学・生物分野を中心に巡検を行いました。県立郷土館から講師を迎え、分かりやすく丁寧な説を受け、岩石、地層、化石等について理解を深めました。また、二日目は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)むつ研究所、むつ科学技術館、国立研究開発法人日本原子力開発機構青森研究開発センター大湊事務所、公益財団法人日本分析センターむつ分析科学研究所等で、主に物理・化学分野を中心に施設見学を行いました。最先端の機器に触れ、その説明を受けることで、科学技術に関して理解を深めました。
15:21
2016/09/21

C35図画工作・美術科教育講座[鑑賞]

| by 義務教育課
 9月14日(水)~15日(木)の2日間、標記講座を開催しました。
 1日目は、青森県立美術館において、武蔵野美術大学の三澤一実教授による講義とギャラリートークの演習を行いました。ギャラリートークは、三澤教授と美術館の非常勤嘱託員、片山尊奈さんを講師に2グループ編成で行いました。
 2日目は、鑑賞指導の充実に向けて、講義、演習、協議を行い、2日間の研修を整理しながら鑑賞の授業づくりを行いました。
【講座の内容】
1日目:講義「美術教育の充実と鑑賞指導」
     演習「ギャラリートーク」
2日目:講義「鑑賞と言語活動」
     講義・演習・協議「鑑賞教材作成とその指導法」
   
【受講者からの感想】
・普段から鑑賞という活動をとおして、考えたりする力をつけることが大切だと思った。それにつながる「朝鑑賞」の実践の話題はとても興味深かった。
・ギャラリートークでどんな力をつけていくかを知ることができた。実際にギャラリートークを体験し、周りの方々の意見を聞くことで作品の見方が深まることを知ったり、自分が教師役で行う時の作品決定、情報、収集、子どもたちの意見のつなげ方についても考えたりできた。
・言語活動としての鑑賞の要素について、言葉で表現するまでの過程を確認できたことが参考になった。図工や美術の鑑賞において、造形的な視点で捉えつつ、表現するまでのベースには国語科の力も必要だということを改めて感じた。
14:42
2016/09/21

C33図画工作科教育講座[表現]

| by 義務教育課
 9月6日(火)~7日(水)の2日間、標記講座を開催しました。
 1日目は、教育課程調査官の岡田京子氏を講師に、講義とLEDライトを使った造形遊びの演習を行いました。2日目は、青森児童美術研究会理事の工藤玲子氏を講師に、講義と版画・絵画の実習を行いました。2日間をとおして「子どもの思いを引き出す」指導と評価について学び、実践につながる充実した研修になりました。
【講座内容】
1日目:講義「図画工作科における指導と評価の一体化」
     演習「子どもの思いを引き出す造形遊びの指導」
2日目:講義・実習「子どもの思いを引き出す版画の指導」
     講義・実習「子どもの思いを引き出す絵の指導」
 
 
【受講者からの感想】
・図工の評価をするとき、関心・意欲・態度は授業の過程で評価するのに、その他の観点は完成した作品から評価していたことを反省した。講義を聴いて、毎時間の評価を積み重ねていくこと、児童の発想を大切にして授業をすること、声がけの工夫、児童に付けさせたい力を明確にした指導を大事にしていきたいと思った。
・子どもたちと同じ目線になって色水を作ったり、配置して写真を撮ったりしてみて、とても楽しかった。自分一人では思い付かないアイディアも、グループでならどんどん広がっていく過程がとても面白く興味深かった。図工の楽しさを満喫できた。
・子どもの発達段階を踏まえて指導するということや、版画の具体的な指導の仕方、彫刻刀の使い方などを丁寧に教えていただき、今までわからなかったことが分かり、すっきりした。
・絵を見て、その子の発達段階を読み取れることが、とても興味深かった。実習では、使う紙によって、色の付き方や発色、にじみなどが違うことが分かり、今後の参考になった。


13:13
2016/09/16

C51産業教育指導者講座

| by 産業教育課
【講座の内容】
 9月8日(木)~9日(金)の日程で開催されました。
 この講座では、課題研究をメインに専門的な知識と技術・地域資源の活用・販売戦略についての研修を行いました。
【講座の様子】
  
 
【受講者の感想】
12:01
2016/09/15

C44 これからの授業を考える!柔道研修講座

| by 高校教育課
【講座の内容】
 9月12日(月)~13日(火)の日程で開催されました。
 この講座では、専門的な知識と技術についての研修を行い、技を高め勝敗を競う楽しさや喜びを味わい、得意技を用いた攻防が展開できる授業作りを目指しました。

【講座の様子】
  

  

【受講者の感想】
・今までの授業では、前回り受身の習得の際、腰から回る生徒への対応に戸惑っていましたが、この研修講座で改善する方法を知ることができました。
・連絡技の指導法では、人間の体のつくりや重心について考えることができました。授業の中で上手に伝えられるか自信がないですが、ぜひ生徒に伝えたいと思います。
・蝦名先生と駒井先生のすごく丁寧で親身な対応のおかげで、怪我なく楽しく、程よい疲れの中で受講することができました。
11:03
2016/09/15

C08 考える力を高める小学校社会科教育講座

| by 義務教育課
9月15日(木)から16日(金)まで、考える力を高める小学校社会科教育講座を開催しました。今年度はサブタイトルを「協働的に学ぶ授業を目指して」とし、活用力を高める指導法の工夫、問題解決的な学習における考える力を高める協働的な学びの工夫を中心に研修しました。
<1日目>
「考えさせなければ考える力は育たない」をキーワードに、問題解決的な学習の学習過程や各段階で何をどのように考えさせていくのか研修しました。その際、単元全体を見通す学習問題を協働的に考えることを研修しました。
  
<2日目>
明治学院大学 准教授 長谷川康男先生を講師に迎え、「活用力を高める学習指導の在り方」に加え、「アクティブ・ラーニング」ついても、具体的な実践事例をもとにポイントや留意点等を聞くことができました。
  
【受講者の声】
・問題解決学習で学習問題をつくる場面が大変参考になりました。実際の授業場面を参加者と一緒に考えていくことで、子どもの目線に立って授業を見直すことができました。
・実践形式の講義もあり、現場ですぐに活用できる内容がとても参考になり、子どもの視点で学び直すこともできました。学んだことを活用したいと思います。
・アクティブ・ラーニングに関わる授業づくりについて、考えさせられることが多かったです。全員が参加でき、深い学びとなる授業を心がけ、子どもたちの将来につながる力を付けていけるようにしたいと思いました。
08:17
2016/09/10

C55 java基礎講座

| by 産業教育課
9月1日~2日にC55 java基礎講座を開催しました。
javaの開発環境を構築した後、オブジェクト指向プログラミング、簡単なAndroidアプリの開発体験について講義演習を行い、知識と技術の習得を図りました。
【講座の様子】
  
15:34
2016/09/09

C28 主体的な学びを引き出す高等学校理科実験講座[生物]

| by 高校教育課
9月5日(月)~6日(火)
高等学校理科実験講座[生物]が行われました。
観察・実験の工夫や教材・教具の開発、身の回りにある素材の教材化に関して研修を行いました。また、実験を通して思考を深めさせる授業のあり方について協議を行いました。

 
 

受講者の感想
・身近にある材料で手順を簡単にしてかつうまくいく実験を教えていただき、学校へ戻り早く生徒に見せたいと思った。用いる材料が学校周辺にあるものなので教室を離れて採集を行うのも生徒にとって刺激になり生物学に興味を持つきっかけになると感じた。
・クロマトグラフィーで色素分離をしてみて終わりではなく、少しずつ広げてみる、つなげてみる工夫も必要だと感じました。
・ただ「おもしろかった」の感想だけで終わらせない実験を今後も研究していきたい。
12:28
2016/09/09

D14 今日から始める不登校対策研修講座

| by 教育相談課
9月7日(水)標記講座が開催されました。
開善塾教育相談研究所所長の藤崎育子先生をお招きして、不登校児童生徒への
理解と対応、『今日から始める』言葉かけの仕方、保護者との関係の持ち方などを学びました。

 

<受講者の声>
・不登校対応はなかなか大きな前進が見られず心折れそうになることも多々ありましたが、今回受講して、根気強くまたがんばってみようと思えました。ありがとうございました。
・藤崎先生の失敗談をたくさん知ることができてよかったです。にこやかに失敗談を話す藤崎先生はすごいと思いました。先生の失敗談を参考に不登校生に深く関わっていきたいと思います。
10:16