お問い合わせ

〒030-0123
青森市大字
大矢沢字野田80-2
青森県総合学校教育センター
「あおもり教育フェスタ2017」
担当:教育相談課
指導主事 大場康之  
電話:017-764-1990  
FAX:017-764-1989  
メールアドレス:
ohba-yasuyuki@m23.asn.ed.jp

 

あおもり教育フェスタ2016


 

研究員研究発表

平成28年11月18日(金)19日(土)に青森県総合学校教育センター あおもり教育フェスタ2016 ~子供たちの未来を共に創ろう~ が開催されました。2日間でのべ255人のお客様がご来場されました。
本当にありがとうございました。

ここでは、あおもり教育フェスタ2016の様子を紹介します。

研究員研究発表
青森県総合学校教育センターでは、県内小中学校から16名の先生方が研究員として2年間の研究を進めています。2年目の研究となる8名の先生方の研究発表がありました。
よろしければ、 こちら も御覧ください。



●産業教育課 髙橋 和彦 先生: タブレット端末を活用した指導方法に関する研究 -小学校社会科における思考力・判断力・表現力の育成を目指して-
●教育相談課 倉内 貞行 先生: 共同体感覚を高めるためのクラス会議の実践 -「クラス会議実践の手引き」の作成をとおして-
●特別支援教育課 尾形 克幸 先生: 特別な教育的支援を必要とする児童の支援方法を導き出すケース会議
●教育相談課 菊池 洋平 先生: 授業における生徒相互の良好な人間関係づくりについて -協同学習の実践をとおして-
●教育相談課 山田 勇一 先生: 中学生の自己肯定感を育むコーチングプログラムの開発
●義務教育課 菊池  真樹子 先生: 説明的な文章の「読むこと」の学習において、論の組み立てを捉え、自分の意見を形成することのできる生徒の育成 -文章のポスター化をとおして-
●教育相談課 工藤 直子 先生: 中学生におけるストレスマネジメント教育の在り方 -ストレスマネジメント対処プログラムの作成と実践をとおして-
●義務教育課 佐藤 大志 先生: 中学校社会科歴史的分野において、社会参画の資質や能力の基礎を培う指導法の研究 -身近な地域の歴史から社会参画の仕方を考える学習活動をとおして-

*年度末(平成29年3月)には、当センターWEB上の 「調査・研究」のページ に上記分の研究報告がUPされるよていです。


 

研究員研究発表会参加者の声

研究員研究発表に参加された皆様の声

○どれもこれも大変勉強になりました。(小・教諭)

○どの発表も分かりやすく、しかも具体的な資料もあり、実践したいと思いました。(小・教諭)

○現場ですぐに取り組めそうな内容が多く、参考になった。(小・教諭)

○普段聞くことのできない、小中の話も聞けて、高校に活かせる部分も多く、非常に参考になりました。(高・教諭)

○大変すばらしかった。データがしっかりしています。(大学教員)

○文献調査をていねいに行い、深く研究されていると思います。学校の長期にわたる協力がよく検証に生きています。(大学教員)

○山田勇一先生の発表について。自己効力感の高い教師の関わる生徒が、自己肯定感も高まる…データの結果もそうですが、実践的に、とても納得できます。前向きな教師が前向きな子どもをつくる。教師にとって一番大事なことだと思います。現場に戻ってからも御活躍ください。研究に協力してくれた現場の先生方と研究員の先生とのつながり、関係もすばらしいと思いました。(中・校長)

○すばらしい研究発表でした。資料もすぐに使えるものでありがたく思います。(中・校長)

○年々、発表の技能が向上しているように感じます。プレゼン資料、説明の構成等、前提となる知識がなくても、内容を理解できるよう工夫している点がすごい。(中・教頭)

○よくまとめられていて、わかりやすかったです。(中・教頭)

○中学国語はおもしろい内容でした。(中・教頭)

○ネットで調べていた内容を実際に実施した内容で確認できて、大変勉強になりました。(中・教頭)

○即、学級や学年の生徒に活用できるものと思えました。(中・教諭)

○いつも、研究員の先生方の発表を楽しみにしています。今回も来て「当たり!」でした。研究、発表と、本当にお疲れさまでした!(中・教諭)

○とてもよく研究されていましたし、わかりやすい説明と資料でした。たくさん学べました。(小・教諭)

○わかりやすい説明で、2年間かけて研究されてきたことが理解できました。現場で役立つ内容でとても良かった。(中・教諭)

○資料がわかりやすく、日ごろの指導に生かせるような内容でよかった。(中・教諭)

○大変参考になりました。資料も充実していて、今後自分でも実践していきたいと思います。研究員の先生方、大変お疲れ様でした。(中・教諭)

○とても勉強になりました。ぜひ機会があればまた参加して実践をお聞きしたいです。(中・講師)

○改めてストレスとのつきあい方の大事さを学べた。このやり方を実施していきたい。(中・講師)

○実際に学校で取り入れたいと思いました。私は養護教諭なので、なかなかクラスに入って…という指導は難しいのですが、保健室でも何か子どもを支えられる手立てについて考えていかなければならないと思っています。今日は本当にありがとうございました。(中・養護教諭)

○今現在かかえている問題について、たくさんの方法を示唆していただく発表が多く、勉強になりました。学校に帰ってためしていきたいと思います。(中・教諭)

○どの研究発表もすばらしい発表でした。現場の先生方にとても参考になると思います。(中・その他)

○髙橋和彦さんの研究発表を聞いて、タブレット端末を用いた授業にとても興味が湧きました。 (県内大学生)

○社会科の教員を目指しているが、国語の授業のやり方にも応用できるものがあると気づき良かった。(県内大学生)

○自分が教員になったときに役に立つスキルを学ぶことができ、とてもよい機会でした。(県内大学生)

○色々と興味深い話が聞けて、将来私も先生になるにあたり、生徒に対して色々と気をつけなければならないと感じた。(県内大学生)

○学級等の希薄化を防ぐ一つの手段としてクラス会議を開くことは大変効果的だと感じた。特に相手の良い点を見つけていくというのはプラスの行動であり、人間性や人間観の構成に良い影響があるため、時間をさく理由があると思います。(県内大学生)

○大学では学べない、最新かつ参考になる内容でした。(県内大学生)

○大学4年で、春に教育実習に行ったのですが、実習前にこの研究発表を聞きたかったです。(県内大学生)

○コミュニケーション能力が低下していると問題視されているが、その打開策への取り組みはとても関心がもてた。(県内大学生)
 

プロジェクト研究発表

プロジェクト研究発表
個人研究の他、本県の今日的な課題解決のために、課での研究や各課をまたがって所員が協働で研究にあたるプロジェクト研究を進めています。課研究や各プロジェクトからの発表や展示がありました。
よろしければ、 こちら も御覧ください。





アクティブ・ラーニングのすすめ   アクティブ・ラーニングの定義や手法等を紹介し、学校で実践できる授業例を発表します。
学校のユニバーサルデザイン   県内各校のユニバーサルデザインの取組や「授業のチェックポイント」を紹介します。
ICTサポート   教育ICT関連の最新情報の提供をするとともに、タブレット体験もできます。
○イチから始める評価(入門編)   パフォーマンス評価の現状と問題点、今後の評価の方向性等を解説します。
○教師のモチベーションアップ   教師力アップ格言カレンダー・教師を勇気づけるカレンダー(日めくり30枚綴り)差し上げます。
校内研修活性化支援   みんなで盛り上がる、短時間でためになる「授業研」の進め方について解説します。
情報モラル教育   小・中・高の授業で協働的に学べる教材を使用した事例を紹介し、授業での活用方法を解説します。
資質・能力でつなぐ教科横断「授業compass」   21世紀型能力を育成する授業について説明します。
特別支援教育課   特別な配慮を必要とする子供理解のための「気づきのためのチェックリスト」の活用について解説します。
学びを生きることへつなげよう~学びのレシピ~  子どもの思考力・判断力・表現力等を育むためのさまざまな授業での活動事例を、「レシピ」に見立てたリーフレットを作成し提案します。

また、今年度は「青森県消費者協会」と「青森地方気象台」が消費者教育、防災教育について発表、展示してくださいました。

* 昨年度分のプロジェクト研究については こちら です。
 

プロジェクト研究発表会参加者の声

プロジェクト研究発表に参加された皆様の声

○情報モラルやICT(タブレット)等、現場ニーズに応える研究になっていて勉強になる。もっと多くの教員、学校に見てもらいたい。(中・教頭)

○アクティブ・ラーニングを実際に体験しました。実際の授業でやってみたいと思います。(中・教頭)

○より具体的実践的で、すぐ使えそうで、うれしい限りです。(小・教諭)

○校内研修活性化のアイディアブックは大変参考になりました。いいおみやげです。ありがとうございました。(小・教諭)

○特別支援教育課とICTサポートに参加しました。どちらもこれからの教育で役に立つものでよかったです。(小・教諭)

○ポイントだけをおさえた発表内容が簡潔でよかった。(中・教頭)

○それぞれ大変参考になる内容で、大変ためになりました。(中・教諭)

○とても、わかりやすかったです。(中・教諭)

○様々な視点で、とても勉強になりました。(中・教諭)

○指導のヒントをいただいたような気がします。(中・教諭)

○様々な分野の発表を聞くことができ、よかったです。(中・教諭)

○校内研修の部屋に参加しました。算数の授業を通して、検証できてよかったです。(中・その他)

○学校現場ですぐに活用できるように強く意識されていることを、とても嬉しく感じました。ワークショップが楽しかったですね。(大学教員)

○様々な視点があり、勉強になりました。展示されている内容も配布資料としてほしかったです。(小・教諭)

○情報モラルについて改めて考えさせられました。クイズ形式でとても楽しい発表だったと思います。(県内大学生)

○授業の導入のとき、あえて条件不足の資料を使い、気付きを増やしているところが勉強になった。(県内大学生)

○実際に教員として働いていらっしゃる方々の考え方に触れることができ、とても貴重な体験となった。(県内大学生)

○自分が気付くことができなかったことが多くありました。指導案を書くときの参考にさせていただきたいと思います。グループになって意見を交換し合うことで、いろんなことに気付けるので良い経験になりました。改めて、グループでやることの大切さに気付くことができました。(県内大学生)

○近年、SNSなど学校だけでは対応できないことも増えていると感じた。家庭との協力が大事だと感じた。(県内大学生)

○「授業のUD化」において、「授業のチェックポイント」をシートで評価するとあったが、先生のみならず生徒にも、授業内容について評価をもらえる機会になるため、有用だと思います。(県内大学生)

○タブレットを用いて授業をすることが新鮮で勉強になりました。(県内大学生)

○高校公民教員を目指す上で、アクティブ・ラーニングについて学べたのは有意義だった。(県内大学生)

○ユニバーサルデザイン的な授業の取り組みはもっと聴いてみたいと思った。多様化するクラス運営に必ず役立つと感じた。(県内大学生)

○普段特に気にしないような点でも、子どもたちの授業参加に与える影響はかなりあることを改めて感じ、気付かされる点が多く、ためになった。(県内大学生)

○実際の授業風景の中から気づくことをチェックポイントにすることで、自分のためにもなることにつなげられると知った。(県内大学生)
 

講演会

講演会
2日目には、神田外語大学教授 嶋﨑政男 氏をお招きし、「保護者と共に創る学校を目指して~笑顔あふれる子供たちのために~」との演題で講演会が行われました。
子供を育てる大人の姿勢を4つに類型化し、それぞれの子供への影響を、ご自身の多くのご経験から具体的な事例をまじえて示されるとともに、大人の心底に子供への「愛情」があれば、最後にはどんな言葉も届いていくこと、子供の心理的事実をまず受け止め、そのあとに客観的事実について指導すべきことをしっかりとおさえることが大切だということをお話しになりました。

 

講演会参加者の声

講演会に参加された皆様の声

○ご自身の経験等に基づいた具体的なお話しで分かりやすい講演でした。自分たちの教育活動を振り返るいい機会になりました。ありがとうございました。(小・校長)

○親として教師としての自分を振り返ることができました。子供たちのために、子供たちの笑顔あふれるように、講演を活かして、これからの取り組みに役立てていきたいと思います。(小・教頭)

○具体的事例をもとにした分かりやすく役に立つお話しを聞かせていただき大変ありがたかったです。心情を受け止めた上で事実に基づく指導を行うという原則は、分かっているようで間違った対応をしてしまっていることが少なからずあるかと思います。職員、保護者はもちろんのこと、人が生きていく上で必要な姿勢として子供にも繰り返し身に付けさせていきたいと思いました。(小・教頭)

○午後のビデオの事例も、実践的で気付かされることが多かったです。他の事例を見てみたいと思いました。今日学んだことを多くの先生方に伝え、子供をより良く育てることを通して、子供と一緒に保護者も教職員も成長していけるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。(小・教頭)

○今日の午前の講演では、まさに「気持ちを受け止める→次に誤った言動は正す」など、共感的受容的態度で臨むことの大切さを再確認させられました。言葉がけの仕方なども具体的で大変参考になりました。担任の先生と一緒に対策を考えていく上でのヒントにさせて頂きます。もっと多くの先生方に聞いて頂きたい内容でした。(小・教頭)

○子供に寄り添い導いていくための姿勢を学ばせていただいた。嶋﨑先生の教育相談で得た体験、知識を盛り込んだ講演で、大変分かりやすかったです。先生の話法が大変勉強になりました。ありがとうございました。(小・教諭)

○センター所員にお誘いいただき軽い気持ちで参加させていただきましたが、心から共感できるとてもすばらしい内容でした。今後の教育活動に大いに参考になりました。ありがとうございました。お話しも具体的事例を挙げて分かりやすく拝聴しました。このような機会があることはチラシ等で見かけてもつい見過ごしてしまうことが多いので、今回はお知らせいただき感謝しています。(小・教諭)

○嶋﨑先生のお話を初めて聞きました。とても心が温かくなりました。嶋﨑先生のエピソードに共感し、自分自身の苦い思い出と重ね、どうすれば良いのか、どうすれば良かったのか、改めて考えることができたからです。大変勉強になりました。今日、お話し頂いたことを今後に活かしていきたいです。嶋﨑先生、今日は本当にありがとうございました。(小・教諭)

○子育てや教師としての指導のあり方として、4つの類型を中心に説明され、大変分かりやすい内容の講演でした。嶋﨑先生のご自身の経験も時折お話しされ、教育の現場で愛情を持って指導することの大切さを改めて学ぶことができました。ありがとうございました。(小・教諭)

○基本を再び確認することができました。(中・校長)

○共感できるところがたくさん有り、学校に戻って是非、指導に役立たせたいと思いました。毎年、勉強になる良い講師の方の講演を企画してくださりありがたいです。(中・校長)

具体的で分かりやすいお話しでした。本当に大事なことはシンプル名なことであるのですが、シンプルなことを多くの場面で実践できているかというと,意外に難しいのもかも知れないと改めて感じました。今日の講演を現場の若い先生方にもぜひ聴いてほしかったと思いました。(中・校長)

○大変分かりやすい講演でした。フランクな語り口で親しみも感じました。エピソードを数多くまじえていただき、イメージが浮かんできました。(中・校長)

○あっという間の3時間でした。話が大変具体的で分かりやすかったです。特に、愛情としつけのバランスの話は、これからの実践に活かしていこうと思います。(中・教頭)

○日々の実践のお話しで本当に心に響きました。ありがとうございました。しかも講師も嶋﨑先生ということもあり、とても有意義な時間でした。(中・教頭)

○具体的な事例を混ぜながらのお話しで大変分かりやすく、現場で当てはまる物を照らしあせながら聞くことができました。(中・教諭)

○心理的な共感から客観的事実を伝えると言うことを心に留めて保護者と向き合っていきたいです。(中・教諭)

○家庭での子育て、しつけ、学校での生徒指導、本質の部分で共通するものを改めて考えさせられました。「保護者と共に創る学校」という視点で問題を考えることで、一歩でも進んでいけるのではないかと感じました。前向きな意識がやはり大事だと言うことを実感しました。ありがとうございました。(中・教諭)

○親としても教師としても非常に参考になるお話しでした。今一度、自分の指導の仕方について考えさせられるいい機会となりました。(中・教諭)

○子育て、学校での子供との関わり方について、忘れがちだけれど大切な基本姿勢を再確認することができました。是非これからも「バランス型」を目指して努力していきたいと思います。(特支・教諭)

○「心理的事実を受け入れて、具体的な行動についてはあとで話す」と理解しているようで、行動に移すことができているときと、そうではないときがあると考えさせられました。今回の講演会で教えていただいたことを、同僚の先生方と共有できれば学校のなかで起きるささいなことは解決しそうだと思いました。普段の活動についてふりかえる良い機会となりました。(高・教諭)

○保護者も教師も4つの類型に分類されること、自分はどれにあてはまるかを考えながら、いろいろと教えていただきました。なかでも、「愛する心がなければしつけられない」という言葉が印象的でした。勉強になりました。ありがとうございました。(一般)

○講演のなかで心理的事実に対する指導の対応の難しさと客観的な行動に対するほめる(叱る)修正させることの対応が大変難しいと言うことを感じました。先生方のご苦労が分かります。(一般)

○保護者と学校との連携について、大学で学べなかったことを学べました。注意する点は多くありますが、何より保護者への思いやりを忘れずにしたいと思います。(県内大学生)



 

あおもり教育フェスタ2016の様子

・県内専門高校でつくられた農水産物加工品の販売が行われました。


・家庭科、音楽、美術等にかかわるものづくり、プラネタリウム、簡単な運動ができる各種体験コーナーがありました。
 

その他の声

その他、あおもり教育フェスタ2016にご来場された皆様の声を紹介します。
○カレンダーよかったです。ありがとうございました。飾ります。(小・教諭)

○大変役立つ内容で、多くの教員に伝えたいと思う。特に研修主任(研究主任)の先生方には、参加して生かしてほしい。悉皆にしてもよい内容です!(中・教頭)

○教育のセンター機能を十分に生かした研修をしていただき、とてもありがたく思っております。(中・教頭)

○対応がとても丁寧でした。ありがとうございました。(小・教諭)

○子どもが楽しめるコーナーもありましたが、大人のための文化祭のようでおもしろかったです。先生方の専門性のあるワークショップや掲示物などがとても充実していました。内容もよかったですし、工夫されていました。活気ある雰囲気にパワーをもらいました。館内の飾りつけが上品でかわいかったです。美術のワークショップのコピーロボットは、早速授業で活用したいと思います。実際自分が体験したことで、様々なアイディアも浮かびました。自分なりに工夫してトライしてみます。クリスマスリースやツリー作りは驚きのアイディアがあり、小学生の子どもをもつ親にとっては、長期休業中の子どもの自由研究や作品制作に活用できそうです。コーヒークリームの空カップの利用が面白かったです。音が出るおもちゃ作りは、大きさの違う筒が準備されていて、制作者の個性が出せて楽しいと思いました。音を鳴らすのも楽しかったです。家庭科のワークショップは、久々に親子で料理をし、一緒に美味しくいただきました。とても良い時間になり、感謝しています。体育のワークショップでは、子どもがトランポリンに夢中でした。家庭にはない道具が新鮮でした。外国製のおもちゃ(車輪つきのもの、竹馬のような)もあり、外国の文化にも触れられ、楽しかったです。プラネタリウムを体験させていただきましたが、センターにそのような設備があることはあまり知られていないと思うので、このような機会にアピールすることは良いことだと思いました。子どもはとても楽しみ、太陽の動きや星座をいくつも覚えて帰りました。(中・教諭)

○今年初めて参加させていただきましたが、とても勉強になりました。来年度もぜひ参加したいと思いました。(中・教諭)

○今日は大変勉強になりました。今後も続けていただけるとうれしいです。(中・教諭)

○ありがとうございました。もっと多くの方に聴いてほしいですね。(中・その他)

○昨年参加して、今年も是非にと楽しみにしていました。資料のとじ方は、工藤直子先生の資料が読みやすくていいと思います。(中・教諭)

○たくさん学ばせていただきました。ありがとうございました。毎年来ていますが、また来年も来たいです。(小・教諭)

○研究の発表も興味深く、活用できるものばかりで大変勉強になりました。講演もすばらしかったです。作ることが大変かと思いますが、カレンダーが売り切れていたのが残念…。でも、下じきもらいました!(小・教諭)

○昨年もそうだったが、講演がとても勉強になります。(中・校長)

○1コマが40分程度で、たくさん発表を聞けて大変よいと思います。もっと多くの先生方に参加してもらいたいと思いました。(中・教頭)

○以前研究員をしていた者ですが、今の教育フェスタの形式の方が気軽に来れて、その上でお土産になることもたくさん学べて(もらえて)とてもいい形だと思います。来年はもっと同僚に声をかけて連れてきたいと思います。(中・教諭) 

○すぐに使える資料とアドバイスをいただけて参考になりました。(中・養護教諭)

○19日しか参加することができませんでしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。(中・講師)

○講演会の後にも体験コーナーで様々な体験をさせていただき、楽しむことができました。(高・教諭)

○多忙な中、様々な改善を積極的に進めてくださり、ありがたく思っております。少しでも多くの先生方に紹介し、学校現場に生かしていきたいと思います。(小・教頭)

○ゆるキャラたちがかわいかったです。(小・教諭)

○高校生の作った加工品(ジュースとジャム)を買いました。がんばっているので、来年もやっていたら買おうと思います。(小・教諭)

○今回で4回目ということで(昨年から参加させて頂いていたので2回目)、このような気軽に楽しく教育について考えられる機会があることをとても有難く思います。準備等大変かと思いますが、今後も続けて頂ければ嬉しいです。(小・教諭)

○大変勉強になりました。ありがとうございました。(中・教諭)

○日々の研究お疲れ様です。ありがとうございました。(中・養護教諭)

○初めてでしたが、来てみてよさがわかりました。先生方にPR不足なのかも…(小・教諭) 

○校内研修活性化支援の発表を見させていただきました。社会科の教員免許を取得したい者からしたら、非常に役立ちます。生の授業を見れたことは今後の財産になります。また、ワークショップでの討論では、自分の中にない考えを聞くことができ、貴重な機会となりました。(県内大学生)

○普段大学や日常生活で学ぶことのできない講座を受けることができてとてもタメになった。(県内大学生)

○とてもわかりやすく色々な情報を得ることができた。タブレット端末の体験もできて今後の役に立った。(県内大学生)

○大変興味深い内容でした。特にICTサポートのこれからの変化や、問題点の発見方法等の内容(校内研修)が良かったと思いました。(県内大学生)

○今回初めて参加して、とても良いものでした!ただ、もう少し資料を多めに用意していただけたら良いと感じました。

○入りにくい雰囲気があるので、それがなくなればと思う。

○食事は、食堂かロビーと指定がありました。ロビーで食事しようと思ったのですが寒かったです。(小・教諭)


 

ありがとうございました。

ご来場の皆様から、たくさんのお声をいただきました。本当にありがとうございました。
たくさんのお褒めの言葉、いくつかのご指摘もありました。これらのお声をしっかりと受け止め、今後に活かして参ります。
また2日間で、のべ255名のお客様がいらっしゃいました。そのうち、学校の先生方の参加の目的をまとめたものが次のグラフです。「自主的な研修」「興味のあるテーマ」を合わせると7割を越え、先生方の教育技術に対する熱心な向学心を感じずにはいられません。当センターでもこれに応えられますよう努力を続けて参ります。