所長挨拶

 青森県総合学校教育センターWebサイトにアクセスしていただきましてありがとうございます。

 当センターは、南に八甲田山系、北に陸奥湾を望む青森市南部の田園地帯にあり、開所から23年目を迎えている教育機関となります。6課、5委員会の活動を中心に、主たる研修事業の他に、研究事業、教育相談事業並びに資料・情報提供に係る業務を推進しています。

 さて、平成29年度の教育公務員特例法改正を受け、県教育委員会では教職員のキャリアステージ(4段階)ごとに教職員が身につけるべき資質(3観点)を区分した「校長並びに教員の資質の向上に関する指標」を平成30年度に作成しました。
 当センターの研修体系はこの指標に基づいて構築されておりますが、今年度は特に、「これからの社会を生き抜く力を育む教師力の向上」をテーマに、①演習・協議等を重視した主体的に参加できる研修、②「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を目指した研修、並びに③学校や先生方の課題や悩みに寄り添い実践等をサポート 等を通じて、未来を支える児童生徒を育む教職員の指導力向上を図っていくこととしています。
 なお研究事業は、学校の教育活動を先進的に研究・実践し、その成果を研修講座のみならず「校内研修等講師派遣事業」や「教科指導等サポート事業」を通じて広く周知しながら学校を支援し、また教育相談事業は、学校や関係期間と連携し、喫緊の課題であるいじめや不登校並びに特別支援教育に関して専門的な見地から相談を受けつつ、生徒一人一人に寄り添った支援を通じて学校を支援しています。


 当センターへは3度目の勤務となりましたが、今後とも時宜に応じた研修構築や新規事業の展開に努め、学校が抱える教育課題の解決の支援に向けて、職員一同が一丸となって邁進して参りたいと思います。



                                                                                       青森県総合学校教育センター 所長 白 戸  爾