メニュー

お知らせ

 平成26年度~令和2年度まで
 の研究プロジェクトチームによ
 る研究成果はこちらからご覧く
 ださい。
           
    
       All Rights Reserved,Copyright
  Aomori Prefectural School
  Education Center.

  このページに関する
  問い合わせ先:
   研究委員会
   TEL 017-764-1990

 

センター研究について

1.研究テーマ(令和3~6年度)「学校におけるICTの効果的な利活用」

2.テーマ設定の理由
 GIGAスクール構想による学校における教育ICT整備が急速に進められている中、資質・能力を一層確実に育成するための教員のICT活用指導力の向上が急務です。「令和3年度学校教育指導の方針と重点」にも「情報化に対応する教育の推進」が挙げられており、本県学校教育の抱えている喫緊の課題の一つです。
 そこで、教員のICT活用指導力の向上を目指し、ICTの活用に関する、学校現場が抱える課題やニーズを明らかにし、実践に役立つ教材やコンテンツ等の成果物などの提供を行っていきます。

下記の【カテゴリ選択】から研究グループを選択してご覧ください。
 

センター研究データベース

センター研究紹介
12
2022/03/17

センター研究【国語】

| by 各研究グループチーフ

GIGAスクール構想に基づく小・中学校のICT環境の整備の他、本県では県立学校においても1人1台タブレット端末の配備が進み、ICTを活用した授業の実践が求められています。国語科においては,日常生活や実社会で必要な国語の能力の向上を図り、言語活動をさらに充実させ、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業の改善・工夫を図っていくことが大切であると言えます。

本研究では、「国語科の学習指導におけるICTの効果的な利活用に関する研究」をテーマとし、授業をはじめとする学習指導においてICTを効果的に活用することで児童・生徒の主体的な言語活動の一助となると考えました。小・中・高のそれぞれの校種ごとに、実際の学習指導の場を想定した事例を挙げ、ICTを活用できる場面やICTを活用することのメリットを提示しております。また、今回提案したICTの活用方法は、単元や取り上げる教材が異なっても応用できる内容が盛り込まれております。目の前の児童・生徒の皆さんに合わせて、アレンジして活用していただければと思います。

 

【資料】

 ①〔小学校〕「読むこと」領域におけるICT活用例.pdf

        キーワード:ロイロノート、文学的な文章、思考ツール、

教材「白いぼうし」

 

 ②〔中学校〕「話すこと・聞くこと」領域におけるICT活用例.pdf

        キーワード:Google Workspace、1学年、

単元「好きなことをスピーチで紹介する」

 

 ③〔高等学校〕文学的な文章の指導におけるICT活用例.pdf

         キーワード:Google Workspace、現代文分野、教材「羅生門」

 

 ④〔高等学校〕グループワークでのICT活用例.pdf

         キーワード:Google Workspace、古典分野、教材「枕草子」


09:04 | 国語
2022/03/17

センター研究【外国語】

| by 各研究グループチーフ

 外国語グループの研究テーマは、「オンライン/対面授業の長所を取り入れたハイブリッドな学びとその評価方法について」です。外国語の授業においては、多くの先生方がこれまでも視聴覚資料の提示など、ICTの活用をされていると思います。しかし、学校の設備や先生方によって、その活用の程度は大きく異なるのが現状だと思います。世界各国と比較すると、日本の教育分野のおけるICTの活用は極端に少ない状況です。また、今年度からはGIGAスクール構想の実現のため、ICTの活用が重要とされています。そのため、本研究では、より気軽に部分的からでも、授業内外に取り入れられるようなICTの活用を提案しています。
 研究内容は高等学校における外国語のICTの活用を提案しています。以下の資料をご覧下さい。

【資料】
 
令和3年度センター研究【 外国語グループ】.pdf
08:30
2022/03/07

センター研究【社会・地理歴史・公民】

| by 各研究グループチーフ

【研究テーマ】
 一人一台端末を活用した社会的事象について調べまとめる技能を育む社会科・地理歴史科・公民科の授業開発研究


【研究の目的】

 本グループは、社会的事象等について調べまとめる技能を育むために効果的な一人一台端末を活用した授業を開発するとともに、校内研修等講師派遣事業で活用できる研修用パッケージを作成し、学校現場への情報提供をおこなうことを目的としました。


【研究の内容】※今年度まで進めた内容には、
✓が入っています。

授業における学習支援ソフトの活用方法についての研究

小学校、中学校、高校における授業案の開発

□講師派遣事業及び研修講座用のパッケージの作成


【授業案を開発するにあたって注意したこと】

★児童・生徒の視点→発達段階に考慮した活用方法の設定

★教師の視点→タブレット端末や学習支援ソフトの導入段階の活用方法

※まずは、「一人一台端末を使ってみる!」をテーマに、初歩的な操作で活用できる場面の検討をしてみました。


【資料~一人一台端末を活用した授業案】
1_小学校社会(3年).pdf
2_小学校社会(6年).pdf
3_中学校社会(歴史).pdf
4_中学校社会(公民①).pdf
5_中学校社会(公民②).pdf
6_高校地歴(地理総合).pdf
7_高校地歴(日本史探究).pdf
8_高校公民(公共①).pdf
9_高校公民(公共②).pdf
10_高校公民(公共③).pdf


11:20 | 社会、地理歴史、公民
2022/03/04

センター研究【特別支援教育】

| by 各研究グループチーフ


 「マナビカタ発見プロジェクト~読み書きの困難さをタブレットPCで補おう~」では、読み書きに困難のある児童生徒に焦点を当てて、「自分に合ったマナビカタ(学び方)の発見」をサポートすることを目指しています。

 令和3年度の研究成果をリーフレットにまとめました。
 こちらからPDFファイル(694KB)をダウンロードできます。
  ▶マナビカタ発見リーフレット第1号.pdf
14:35 | 特別支援教育
2022/03/01

センター研究【特別活動】

| by 各研究グループチーフ

【研究の概要】

 特別活動は、これまで「なすことによって学ぶ」ことを方法原理として、各学校において特色ある取組が進められてきました。児童・生徒は特別活動を通じて、協調性や異質なものを認め合う態度を身に付けたり、集団への所属感や連帯感を感じられるようになったりするなど、大きな成果をあげてきました。特別活動は、児童・生徒が学校生活を送る上での基盤となる力を育む活動として、また社会で生きて働く力を育む活動として重要な役割を果たしています。一方、特別活動の指導を行う中で、いくつか課題があげられています。一つは、特別活動の指導を通じて身に付けさせるべき資質・能力を、指導者が十分意識できていない実態があることです。各活動・学校行事が行われていても、指導者が、児童・生徒にどのような資質・能力を獲得させなければならないかを理解していなければ、その効果は半減してしまう恐れがあります。もう一つは、児童・生徒にどのような学習過程を辿らせて資質・能力の向上につなげるのかということを、指導者が十分意識できていない実態があるということです。このような実態を踏まえ、平成29年3月告示の小・中学校学習指導要領においては、特別活動の各活動の内容について、それぞれの項目においてどのような資質・能力を育成するのか、また、どのような学習課程を経て学ぶのかが端的に示されました。本研究においては、今回学習指導要領で示された育成すべき資質・能力を、例示された学習過程を経て児童・生徒が獲得できるように、それらの要素を意図的に加えた指導計画を作成し、それを情報端末の機能を用いて指導を行うことによって、指導の効果を高めることを目指しました。


【活動の様子】
  

  

【資料】

小・中学校特別活動の学級活動における情報端末を用いた指導に関する研究.pdf

 


16:24 | 特別活動、総合的な学習(探究)の時間
2022/02/28

センター研究【音楽、図画工作・美術】

| by 各研究グループチーフ

 音楽・図画工作・美術グループでは、「音楽・図画工作・美術科の指導におけるICTを活用した授業づくりに関する研究」をテーマに、アプリやGoogle Classroom等を活用し、主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善に取り組んでいます。

 気になる項目がありましたら、作成資料PDFからご覧ください。

 

【音楽】「一人一台端末を使った音楽づくり(創作)」

〈小学校2学年〉

 「いろいろながっきの音をさがそう ~がっきでおはなし~」

〈小学校4学年〉

 「いろいろな音のひびきを感じ取ろう ~打楽器の音楽~」

〈中学校2・3学年〉

 「言葉の抑揚を生かして旋律をつくろう ~My Melody~」

〈高校1学年〉

 「五音音階をもとにして旋律を工夫しよう」

 

【図工・美術】「一人一台の端末を使った題材例」(Google Classroomを活用)

〈題材例 その1〉小・中・高・特の発達段階に合わせてアレンジ可能

 「ぴったりの形・色」 

⇒形や色に着目し、お題にぴったりだと思うものを一つ選ぶ活動。年間指導計画に複数回入れたり、毎時間のアイスブレイクに取り入れたりするのにおすすめです。

〈題材例 その2〉小・中・高・特の発達段階に合わせてアレンジ可能

 「Maruの気持ち」

 ⇒「〇」の気持ちを基に主題を生み出し、色や動きの効果を考え、創造的な構成を工夫し、心豊かに表現する構想を練る活動。Googleスライドを活用した、アニメーションづくりになっています。

 

◇作成資料

音楽科「一人一台端末を使った音楽づくり(創作)」.pdf

図工・美術科「一人一台端末を使った題材例」.pdf

◆使用ツール

【音楽】・Chrome Music Lab ・Garage Bandios

【図工・美術】・Google スライド   ・KOMA KOMA ・Stop Motion Studio

16:39 | 音楽、図画工作、美術、工芸、書道
2022/02/28

センター研究【理科、物理、化学、生物、地学】

| by 各研究グループチーフ


 理科、物理、化学、生物、地学グループは、「ICTを活用した理科、物理、化学、生物、地学の授業づくり」を研究テーマにし、児童生徒が主体的・対話的で深い学びを実現し、主体的に問題解決に取り組み、科学的に問題を解決できるよう、1人1台端末を効果的に活用する指導方法について研究を進めています。

 令和33月に、文部科学省からGIGAスクール構想の下で整備された1人1台端末を積極的に利活用するように通知されました。また、令和29月には、「各教科等の指導におけるICTの効果的な活用に関する参考資料」が示され、「観察、実験の指導に当たっては、直接体験が基本であるが、ICTを適切に活用することによって、学習の質を高めることができる。『観察、実験の代替』としてではなく、理科の学習の一層の充実を図るための有用な道具としてICTを位置付け、活用する場面を適切に選択し、教師の丁寧な指導の下で効果的に活用することが重要。」と述べられています。

 本研究では、観察、実験を直接体験しながら、1人1台端末のICTを活用した理科の授業場面を想定し、その考えられる効果について整理し、提案しました。

 これまでも、理科の授業においては、児童生徒や学校、地域の実態に応じた様々な情報機器を活用した指導例は報告されています。これまでの実践に加え、今後は1人1台端末を積極的に活用して、その効果を確かめていこうと思います。


資料1 理科の学習指導における1人1台端末のICTを活用した指導例.pdf
08:29 | 理科、物理、化学、生物、地学
2022/02/18

センター研究【家庭、技術・家庭】

| by 各研究グループチーフ

 家庭、技術・家庭グループでは、テーマを「家庭、技術・家庭科の指導におけるICT活用に関する研究」とし、技術分野、家庭分野それぞれの授業において、主体的・対話的で深い学びの実現に向けて、学習過程のどの場面でどのように活用していくべきかを研究しています。主体的・対話的で深い学びを実現するためには、情報端末や情報通信ネットワークを、生徒の思考の過程や結果を可視化したり、大勢の考えを瞬時に共有化したり、情報を収集し編集することを繰り返し行い試行錯誤したりするなどの学習場面において、積極的に活用することが求められています。

 県内に導入されている端末は地区ごとに異なりますが、どの端末でも利用可能なアプリケーションを用いて実践しました。

技術分野では、Google for Educationの他に、インストール不要なウェブアプリケーションを例に取り上げて実践しました。

 家庭分野では、主に端末のカメラ機能を用いて撮影した画像や動画をどのような場面で効果的に活用するかの例を取り上げました。

 研究・実践の概要については、作成した資料からご覧ください。

【資料】

家庭、技術・家庭におけるICT活用.pdf

  

【使用ツール一覧】

Google workspace for Education

Youtube(動画コンテンツ)

TinkerCADCAD・電気回路シミュレータ)

Scratch(プログラミング、シミュレータ)

Teachable Machine(AI、機械学習)

16:23 | 家庭、技術・家庭
2022/02/15

センター研究【特別支援教育】

| by 各研究グループチーフ


 「マナビカタ発見プロジェクト~読み書きの困難さをタブレットPCで補おう~」では、読み書きに困難のある児童生徒に焦点を当てて、「自分に合ったマナビカタ(学び方)の発見」をサポートすることを目指しています。

マナビカタ②:どうする!?漢字の書字練習


漢字学習のチェックポイント

1.【解説動画】漢字の学習でのタブレットPC活用
※こちらのURLをクリックすると動画が視聴できるWebページに移動します(Internet Explorer以外のブラウザをご利用ください)。併せて、簡単なアンケートへのご協力をお願いいたします。
https://forms.gle/LNwnjDrBhrj1yWYi7(Googleフォーム)

(1)「新・筆順辞典」の活用①~練習したい漢字の探し方~

   ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:3.6KB

(2)「新・筆順辞典」の活用②~漢字学習の方法~

   ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:4.1KB

(3)「新・筆順辞典」の活用③~設定を変更してみよう~

   ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:2.1KB

(4)PowerPointを使った漢字学習

  ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:2.6KB


2.【参考資料】
(1)特別支援学校学習指導要領解説 自立活動編
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:314KB

  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/1386427.htm

(2)教育の情報化に関する手引-追補版-(文部科学省)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:130KB

  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html


(3)障害のある子供の教育支援の手引(文部科学省)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:226KB

  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1340250_00001.htm


(4)「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)(中央教育審議会)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:181KB

  ②本資料の全文はこちらで確認できます。

    https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/sonota/1412985_00002.htm
15:05 | 特別支援教育
2021/12/01

センター研究【特別支援教育】

| by 各研究グループチーフ


 特別支援教育チームの研究テーマは、「特別な支援を要する児童生徒への機能代替アプローチによるICT活用の理解啓発に関する研究」です。この研究テーマでは、少し難しそうな印象を与えてしまう可能性もありますので、私たちは、上記の「マナビカタ発見プロジェクト~読み書きの困難さをタブレットPCで補おう~」をキャッチフレーズにして、研究活動に取り組んでいます。特別な支援を要する児童生徒、とりわけ読み書きに困難のある児童生徒に焦点を当てて、「自分に合ったマナビカタ(学び方)の発見」をサポートすることを目指しています。

マナビカタ①:どうする!?毎日の音読




1.【解説動画】音読の宿題でのタブレットPC活用
※こちらのURLをクリックすると動画が視聴できるWebページに移動します(Internet Explorer以外のブラウザをご利用ください)。併せて、簡単なアンケートへのご協力をお願いいたします。
https://forms.gle/AKribdZz1mNjoxUBA
(1)iPadの読み上げ機能
  ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:1.6KB
(2)Google Lensを活用した音読学習
  ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:2.7KB
  ・Androidのスマートフォン等の「Googleレンズ」について(PDF形式:829KB
(3)Google Lensを活用した音読学習②
  ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:2.9KB
(4)音声教材について
  ・ナレーションのテキストデータ(TXT形式:2.4KB
  ・参考:文部科学省ホームページ「音声教材」
      https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/1374019.htm

2.【参考資料】
(1)特別支援学校学習指導要領解説 自立活動編
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:68.6KB
  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/1386427.htm

(2)教育の情報化に関する手引-追補版-(文部科学省)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:55.6KB
  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html


(3)障害のある子供の教育支援の手引(文部科学省)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:86.1KB
  ②本資料の全文はこちらで確認できます。
    https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1340250_00001.htm


(4)「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)(中央教育審議会)
  ①関連する部分を抜粋した資料(PDF形式:84.5KB
  ②本資料の全文はこちらで確認できます。

    https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/sonota/1412985_00002.htm
14:44 | 特別支援教育
12