お知らせ
当センターでは、“地域を越えた学びの場”を創出するために、広島県立教育センター企画の共創型研修に昨年度から参画しています。今年度は広島県、青森県、鳥取県、大分県の指導主事と連携、東京学芸大学高校探究プロジェクトの皆様からサポートしていただき、6月28日(金)に第1回を実施しました。  第1回は本県教員を含め、30名程度に参加していただきました。テーマを「LET’S本音で探究トーク」として、講話やブレイクアウトルームでの協議を通して、そもそも探究とは何か、生徒の探究の芽を見たことはないかなどを考え、深めていくことができました。   この取組は第4回まで続きます。興味関心のある先生方、地域を越えて一緒に学んでみませんか? 〔第2回〕他県の総探、どんな探究? 実施日:8月8日(木)  申込みフォーム:https://forms.gle/brrq2nGtn8kXoCnn6 〔第3回〕担当教科で探究を実現!? 実施日:11月22日(金)申込みフォーム:https://forms.gle/fzFbjeFifnfGpBS87 〔第4回〕探究でつながる、広がる輪! 実施日:2月10日(月) 申込みフォーム:https://forms.gle/Nw8nWNqcv1Zu5Eus6   詳細は添付資料をご覧ください。皆様のご...
県総合学校教育センターでは、職員の働きやすい環境づくりの一環として、軽装(ノーネクタイ、上着なし等)で対応させていただいております。 ※A-biz…Aomori(青森の)All-season(1年を通じて)Airy (軽快な・風通しの良い)
本日より当センターWebページを更新しました。 トップページをスリム化したため、これまでの場所とは違うものも一部ありますので、御利用の際は注意ください。 目的のものが見つからない場合は、右上のサイトマップを御活用ください。
新着情報
 7月11日(木)、標記講座を開催しました。 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の先生方が受講しました。 横浜国立大学 准教授 神山 努 氏 を講師に迎え、「本人・保護者の思いに寄り添う教育相談」「子供と保護者をポジティブな視点で支援する」というテーマで、演習を交えながらご講義いただきました。講義では、幼児児童生徒の行動上の問題状況を分析する方法やそれを踏まえた行動支援の方法について分かりやすく解説していただきました。 また、担当している幼児児童生徒の気になる行動について分析し、行動支援を検討する演習は、すぐに実践に生かすことができる内容だったため、大変好評でした。    
6月28日(金)標記講座を開催しました。11名の先生方が受講され、参加者同士が活発に意見を交わし、各自の視点や経験が共有されることで、新たな発見や深い理解が生まれました。午後の講義・演習では、弘前大学教育学部の田中義久教授から数学的な見方・考え方を働かせる授業について講義を受けました。 【講義内容】    午前 講義・演習 県の課題をもとにした授業改善の視点~主体的・対話的で深い学びを実現する授業~    午後 講義・演習 数学的な見方・考え方を働かせる授業 【講座の様子】  
6月28日(金)芸術系教科の資質・能力を育む授業づくり講座を開催しました。4名の先生方が受講され、校種・科目等をこえて芸術科が育むべき資質・能力についての講義後、題材構想と指導と評価の一体化を意識した授業づくりの演習を行い、最後に模擬授業や発表をしていただきました。 【講座内容】  1 講義・演習「芸術科が育む資質・能力について」                             講師 県総合学校教育センター 指導主事 野呂 俊光                    指導主事 道川 里奈  2 演習   「資質・能力を育む授業づくり①」~単元・題材構成の工夫~  3 演習   「資質・能力を育む授業づくり②」~指導と評価の一体化について~   【講座の様子】   
6月18日(火)、19日(水)、標記講座を開催し、中学校、特別支援学校、県立高校から10名の先生方が受講しました。講義、実地研修、演習を通して、「社会的な見方・考え方」を働かせる授業づくりについて、理解を深めることができました。   【講座の内容】 1日目 講  義  経済リテラシーを育む授業づくり            講師 東洋大学 教授 栗原  久     実地研修  金融機関の役割・日本銀行の金融政策について            講師 日本銀行青森支店 総務課長 佐藤 拓彦  2日目 講  義  単元を見通した授業デザイン      演  習  「社会的な見方・考え方」を働かせる授業づくり     【講座の様子】     
☀6/21(金) C18 高等学校理科研修講座[物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎]が開催されました。    「高等学校理科における基礎を付した科目や『科学と人間生活』において、必要な授業デザインの方法や観察・実験の方法について研修することで、専門としない分野を担当した際にも取り入れやすい内容を扱い、授業実践について考えること」をねらいとして研修を行いました。 午前:観察・実験を取り入れた授業づくり ~物理基礎/生物基礎~ 午後:観察・実験を取り入れた授業づくり ~物理基礎/化学基礎/地学基礎~     ○各分野の講義・実験の様子       ↑講義・実験の様子(物理基礎)    ↑講義・実験の様子(化学基礎)       ↑講義・実験の様子(生物基礎)    ↑講義・実験の様子(地学基礎)