新着情報
5月15日(水)、5月21日(火)に標記講座を開催しました。小学校と中学校で初めて特別支援学級や通級指導教室を担当する教員94名が受講しました。 【研修内容】「特別支援教育の基礎・基本」や「保護者との関係づくり」の講義では、特別支援教育に関する基本的な内容について学びました。「障害特性に応じた指導」では、講義や協議を通して、担当している障害種の指導について理解を深めている様子でした。通級コースでは、協議後、実際に小学校で通級指導を担当している教員を講師としてお招きし、講義をしていただきました。通級指導のポイントや教材・教具の紹介など、具体的なお話を聞くことができ、明日からの授業の参考となったという感想が聞かれました。     
 5月15日(水)標記講座を半日で開催しました。高校と特別支援学校から合わせて6名の先生方が受講され、IPアドレス等のネットワークに関する知識、ネットワーク構築演習、プリンタ等の資源の共有について学びました。   【講座の内容】 第1章 IPアドレスとネットワーク機器 第2章 PCのネットワーク設定   【講座の様子】
5月13日(月)標記講座を開催しました。小学校28名、中学校15名、特別支援学校4名の先生方が受講され、研修主任の役割や校内研修の進め方について、講義や演習、実践発表を通して理解を深めました。 【研修内容】 ・講義「研修主任の職務」 ・演習・協議「校内研修の充実・活性化」 ・発表「本校の校内研修」 五所川原市立松島小学校 教頭 小坂 信子              県立弘前第二養護学校  教諭 辻村 義樹(つじは、一点のしんにょう)
5月8日(水)県立学校事務長研修講座(前期)が開催され、県立学校の事務長9名が受講しました。午前は教育法規についてと教職員のメンタルヘルスについて、午後は情報公開・個人情報保護についてと事務長の職務と役割についての講義を聴き、学校事務室経営について協議を行いました。各学校の状況を共有することで、諸課題への解決へ向けた方策を探られた様子でした。 【研修内容】 講義「教育法規について」        県教育庁 教職員課 講義「教職員のメンタルヘルス」     青森県公認心理師・臨床心理士協会  公認心理士 畑田 千秋 講義「情報公開・個人情報保護について」 県教育庁 職員福利課 講義「事務長の職務と役割について」   県立青森高等学校  事務長 能代谷 征則 協議「学校事務室経営について」     県立青森高等学校  事務長 能代谷 征則
5月8日(水)、教頭研修講座(前期)が開催されました。小学校52名,中学校35名,高等学校14名、特別支援学校6名の合計107名が受講しました。受講された教頭先生方は教育法規や教職員のメンタルヘルス、学校におけるリスクマネジメント、教頭の職務と役割などについて理解を深め、教頭として識見を高めることができた様子でした。【研修内容】「教育法規について」        県教育庁 教職員課  「教職員のメンタルヘルス」     青森県公認心理師・臨床心理士協会 公認心理師 畑田 千秋 「学校におけるリスクマネジメント」 有限会社 エンカツ社 代表取締役社長 宇於崎 裕美 「教頭の職務と役割」        県総合学校教育センター副所長,義務教育課長,特別支援教育課長 【講座の様子】