所長メッセージ >> 記事詳細

2021/06/30

県立学校中堅教諭等資質向上後期研修開講式

| by サイト管理者

 6月29日(火)は県立学校の中堅教諭等資質向上後期研修開講式で挨拶をしました。この10年を振り返りますと、日本の社会は少子高齢化やグローバル化、情報化の進展に伴い大きく変化しました。特に情報化については、昨年から続く新型コロナウイルスの猛威がICT・AI等の需要を高め、世界全体で急加速した感があります。
 まさにこの未来の予測が困難な時代において、子どもたちが伝統や文化に立脚した広い視野を堅持しながら、よりよい社会を築くためには高い志とともに、物事を主体的に判断し、自ら課題を見つけ、多様な人々と協働しながら新たな価値を生み出していく力が必要となります。
 さて、皆さんはこの10数年の間、様々な経験を積み、教科指導、学年・分掌業務、部活動指導などの組織運営に主にリードオフマンとして取り組んでこられたことと思います。
 しかし、日々の教育活動に邁進するあまり、教育の今日的課題や、子どもたちが置かれている状況、あるいは、これまでの教育活動を振り返り、「今後、何をなすべきなのか」などについてゆっくり考える時間がなかなか取れなかったのではないでしょうか。また、同僚とともに学び・支え合う時間などは確保されていたでしょうか。
 今回、挨拶の中で紹介したのは初等教育資料4月号巻頭の分藤賢之文部科学省初等中等教育視学官から寄せられた『エール』と題された文章です。
 次に示すのが、氏が取り上げている『ぼくだってやれる わたしでもできる』(昭和41年刊行)というタイトルの作品集の中から「もしこの肩が」という詩です。

 

もしこの肩が、この両手が、十本の指が自由に動いたら、私は何をするでしょう。

もしほんとうに、肩が、両手が、十本の指が自由に動いたら、私はおばあちゃんの背にとびつくでしょう。

 そして、一日中肩をもむでしょう。次の日は髪をすいてあげるでしょう。おいしいお茶を入れてあげるでしょう。


 学びの主体は児童・生徒にあり、よりよく生きたいという願いを叶えることに教師の仕事の基本があることを改めて問いかける詩だと思います。私は、特別支援学校はもとより高等学校においても、学びのゴールはどこかという普遍的な問いは常に教師の内省が大切だと思っています。子どもの人生の種はどこに着地しどこから根をつけるかは誰もわかりません。そのためにも子どもが自ら育つことへの主体性の引き出し方について、この半年間の研修全体をとおして理論を学び、学校に戻って実践と往還させる中で確かな手応えを感じて欲しいと願っています。今回は、春の赤石渓流(鰺ヶ沢)、夏の睡蓮沼(八甲田)、秋の紅葉山渓流(黒石)、冬の奥入瀬を織り交ぜ多様な4枚の写真をコラージュしました。
 挨拶の結びに、中堅後期を迎えポストミドルリーダーの先生方へ私からのメッセージとしてレイモンド・チャンドラーの言葉、「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」を贈り、12月10日の閉講式での再会を約束したところです。


07:08